• more

    spot1

    アンシェネ

    世界観設定:鈴木貴昭

    物語の舞台となるテルシス大陸、その南西部は大部分が比較的平たんな地形で、夏涼しく冬暖かく、年間の温度差が少なく、気候が比較的安定して住みやすい地域である。
    同地域の最大の国家が、「テルシスのパン籠」とも呼ばれる一大農業国アンシェル王国で、西と南は海、北はドロッセル王国とゲネトリクス国、東はブランスル国とアイデフィカ国と隣接している。国の東側に位置する王都アンシェネは、南方に海に通じる大河があり、南方一の大国であるライデンシャフトリヒと鉄道も通じ、また周辺諸国の交通網が集中する要衝であった。

    大陸の南北が争った先の大戦では、南西諸国は兵を送るまではしなかったものの、経済的結びつきが強いライデンシャフトリヒを盟主とした南部側に立っていた。主戦場となったのは聖地インテンス周辺の大陸中心部、次いで大陸東部であり、西部戦線は他の戦線に比べれば平穏であった。更にアンシェル王国と戦場との間には他の国家が存在し、軍隊が国境を固めはしたものの、国内は安全地域として認識されていた。しかもアンシェネには長い歴史を誇る医学校があり、医者の数も多かったので、最前線で負傷した兵士が後送されて療養する拠点ともなっていた。
  • more

    spot2

    テルシス大陸とライデンシャフトリヒ

    世界観設定:鈴木貴昭

    東西に広い長円形をした大陸テルシス、その南方中央部にライデンシャフトリヒは位置している。気候的には夏は高温多湿で冬は温暖少雨のため、農業の生産性も高く、特に豊富な水資源を生かして米を中心とした多毛作が行われている。大陸南岸は海流が強いが、ライデンシャフトリヒ周辺は広大な湾が形成されており、天然の良港が多く、南方大陸との交易の中心になっている。

    また、南方からの産物のみならず、国内で豊富に産出する鉄や銅、石炭などの天然資源を輸送するために鉄道を積極的に整備、周辺諸国にまで伸びている。こうした資源を生かして積極的に工業化を推し進め、鉄道網の構築に加え、近代的な陸海軍を整備した。というのも、昔からライデンシャフトリヒはその港と資源を狙って周辺諸国から繰り返し侵攻を受け、時には大敗を喫し、首都にまで敵軍が侵攻したこともあったためである。こうした経験から、首都ライデンは二重の長大かつ堅固な城壁で囲まれ、また国境近辺には即応戦力として独自の軍事力を有した辺境伯が配置され、国土の防衛に努めていた。だが辺境伯やその周辺の地方貴族が国の防衛の中核になるにつれ、国内での発言力は強くなり、逆に中央の王権は弱体化した。結果的に現在の政体は貴族院を中心とした議院内閣制で、王家も貴族家の一つとなっている。ただ、先の大戦は大陸全土を巻き込んだ大規模なもので、それまでの貴族の常備軍では対応が難しく、急きょ組織した国民軍が活躍したことで、民衆への参政権が検討されるようになった。同時に女性の社会進出が急速に進んで行った。戦後、社会進出が進んだ女性の憧れの職業、その一つが自動手記人形である。
  • more

    spot3

    ライデン

    世界観設定:鈴木貴昭

    資源と作物が豊富なテルシス大陸南部諸国に対し、北部諸国が電撃的に仕掛けた戦争は、北部諸国の思惑とは裏腹に、大陸全土を巻き込む大規模かつ長期に渡ることになった。そのため、各国とも総動員体制に突入し、国家経済を担う労働力が大幅に減少する。それを補うために女性の動員が行われ、当初は志願者による書類仕事が中心だった。軍隊は官僚組織であり、円滑な運営には大量の書類が必要で、それを処理する任務に就いていた。しかし、書類仕事が必要なのは軍隊だけではなく他の官公庁や、民間企業も同じであり、どこも男性が不足したことで、次々と女性の採用が行われた。

    戦争が長引くにつれ、女性の社会進出は増加したが、高等教育を受けた人材は引く手あまたであり、書類仕事の増加に従って軍の中で教育を行う必要が生じた。その結果として、各地から(主に年配女性の)優秀な教師が集められ、軍施設の中にタイピングや書類仕事の即席教育を行う設備が作られる。当初は6週間の教育が行われたが、すぐに4週間、次いで2週間に短縮されなければならないほど、各所から人材を求める声が大きくなった。だが戦争が終結し、兵士たちが復員してくると女性の動員は徐々に解除されることとなる。それでも復興事業だけでも莫大な業務があり、また復員のための書類仕事も大量で、手に職を付けた女性たちは随所で必要とされた。結果的に、軍の教育施設は民間へと払い下げられ、政府の郵政事業の民間委託と相まって、ドール養成学校へと姿を変える事となった。
  • more

    spot4

    カザリ

    世界観設定:鈴木貴昭

    ライデンシャフトリヒ国内は鉄道網が張り巡らされ、国外に繋がる主要鉄路以外にも、小規模な国内線も多数存在していた。ライデンシャフトリヒ北東部にある山間の農村であるカザリも、重要な米の産地であったため、その輸送のために鉄道が結ばれている。

    カザリは川に削られた細長い舌状台地に位置し、国内でも有数の雨の多い地域であるので、年間を通じて豊富な水の供給が行われ、また気温の変化があまり大きくない事もあって、水耕農作、特に川沿いの棚田による稲作が活発である。二毛作どころか三毛作が行われる地域もあり、連作障害も少ないので、その生産性は小麦に比べて圧倒的に高く、ライデンシャフトリヒに米粉による麺文化が発達する一因となった。また高温多湿なライデン市に比べると過ごしやすい気候で、また素朴だが風光明媚な景観は、避暑地として一部富裕層に人気である。
  • more

    spot5

    ドロッセルとフリューゲル

    世界観設定:鈴木貴昭

    ドロッセル王国とフリューゲル王国は、大陸中央部から西に流れるテミス大河の両岸にある国である。ドロッセルは大河をまたいで南北に国土が広がっているが、北と東の一部がフリューゲルに食い込んでおり、東の残りはゲネトリクス、南はアンシェル王国に接している。フリューゲルに半分包まれたような小国のドロッセルに対し、フリューゲルは広大な国土の大部分が森林で、南でドロッセルとゲネトリクスに接し、西は海に続いている。

    国土が狭く大国に挟まれたドロッセルは、周辺諸国と婚姻政策で縁を結び、それらの庇護を得て国を維持して来た。また積極的に芸術振興を行い、都市自体を美しい建物で飾り、多くの花、特に国の花である白椿に囲まれた観光都市とのイメージを作り上げて来た。それに対して、フリューゲルは質実剛健を売りとして、広大な森林資源を生かした林業が主要産業であった。また両国の間にあるテミス大河は、伝統的に大陸の北部と南部を分ける境界線で、先の大戦でもフリューゲルは消極的な北部同盟、ドロッセルは消極的な南部連合の一因となり、直接の交戦は無かったが国境は封鎖された。幸い両国まで戦火は及ばないで大戦は終結したが、一時期は両国の関係は極めて悪化していた。
  • more

    spot6

    シャヘル天文本部

    世界観設定:鈴木貴昭

    大陸南西部に位置するアストレア国、その国土の中央は、大陸中央山地から南西へと伸びる山脈で緩やかに穿たれている。ほぼ国の中心に位置する天文都市ユースティティアは、過去に海運王であるシャヘルが自分の道楽で作り上げた天文台と、それに付随する各種天文研究施設を維持するためだけに存在している。アストレア国自体は山脈の南北に豊かな平野があったため、わざわざ不便な山脈部に住む住人はほとんどいなかった。それに目を付けたシャヘルが、広大な土地を購入し、天文台が作られても光害が及ばないようにした。そのため、現在でも天文台周辺には他の都市は一切存在しない。首都からユースティティア近隣まで専用の鉄道が敷設され、そこから天文台までは大陸史上初の一般運用となったロープウェイで移動する。

    同地では、天文に関するあらゆる研究と観測が行われているが、天文本部で有名なのが古今東西のあらゆる天文に関する書籍コレクションである。しかもただ収集するだけではなく、古文書の原本を保存しつつ、内容を現代語に翻訳して研究者に公開する仕事も行われている。都市自体の運営は国に移管されたが、天文台は現在でもシャヘル財閥によって運営され、同時に蔵書も全世界から集められ続けている。